業績

2015年

国際誌

  1. Shinkai S, Yoshida H, Taniguchi Y, Murayama H, Nishi M, Amano H, Nofuji Y, Seino S, Fujiwara Y : Public health approach to preventing frailty in the community and its effect on healthy aging in Japan. Geriatrics Gerontology International, 2016 Mar;16 Suppl 1:87-97. doi: 10.1111/ggi.12726.
  2. Fujiwara Y, Shinkai S, Kobayashi E, Minami U, Suzuki H, Yoshida H, Ishizaki T, Kumagai S, Watanabe S, Furuna T Suzuki T : Engagement in paid work as a protective predictor of BADL disability in Japanese urban and rural community-dwelling elderly residents: An 8-year prospective study. Geriatr Gerontol Int, 2015 Jan 22. doi: 10.1111/ ggi.12441.
  3. Fujiwara Y, Nishi M, Fukaya T, Hasebe M, Nonaka K, Koike T, Suzuki H, Murayama Y, Saito M, Kobayashi E. Synergistic or independent impacts of low frequency of going outside the home and social isolation on functional decline: A 4-year prospective study of urban Japanese older adults. Geriatrics Gerontology International, 2016 Jan 22. doi: 10.1111/ggi.12731.
  4. Kobayashi E, Liang J, Sugawara I, Fukaya T, Shinkai S, Akiyama H : Associations between social networks and life satisfaction among older Japanese: Does birth cohort make a difference? Psychology and Aging, 2015,30(4),952-966.
  5. Seino S, Shinkai S, Iijima K, Obuchi S, Fujiwara Y, Yoshida H, Kawai H, Nishi M, Murayama H, Taniguchi Y, Amano H, Takahashi R : Reference values and age differences in body composition of community-dwelling older Japanese men and women: A pooled analysis of four cohort studies. PLoS ONE, 2015 Jul 6; 10(7): e0131975.
  6. Suzuki H, Kawai H, Hirano H, Yoshida H, Ihara K, Kim H, Chaves PH, Minami U, Yasunaga M, Obuchi S, Fujiwara Y : One-Year Change in the Japanese Version of the Montreal Cognitive Assessment Performance and Related Predictors in Community-Dwelling Older Adults. J Am Geriatr Soc. Sep;63(9):1874-1879, 2015.
  7. Taniguchi Y, Fujiwara Y, Nishi M, Murayama H, Nofuji Y, Seino S, Shinkai S : Prospective study of arterial stiffness and subsequent cognitive decline among community-dwelling older Japanese. Journal of Epidemiology, 2015, 25(9), 592-599.
  8. Yasunaga M, Murayama Y, Takahashi T, Ohba H, Suzuki H, Nonaka K, Kuraoka M, Sakurai R, Nishi M, Sakuma N, Kobayashi E, Shinkai S, Fujiwara Y :The multiple impacts of an intergenerational program in Japan: Evidence from the REPRINTS Project. Geriatrics Gerontology International, 2016 Mar;16 Suppl 1:98-109. doi: 10.1111/ggi.12726.
  9. Yokoyama Y, Nishi M, Murayama H, Amano A, Taniguchi Y, Nofuji Y, Narita M, Matsuo E, Seino S, Kawano Y, Shinkai S : Association of dietary variety with body composition and physical function in community-dwelling elderly Japanese. The Journal of Nutrition, Health and Aging. (in press)
  10. Yokoyama Y, Nishi M, Murayama H, Amano H, Taniguchi Y, Nofuji Y, Narita M, Matsuo E, Seino S, Kawano Y, Shinkai S : Dietary variety and decline in lean mass and physical performance in community-dwelling older Japanese: A 4-year follow-up study. Journal of Nutrition, Health and Aging.(in press)
  11. Taniguchi Y, Fujiwara Y, Murayama H, Yokota I, Matsuo E, Seino S, Nofuji Y, Nishi M, Matsuyama Y, Shinkai S :Prospective Study of Trajectories of Physical Performance and Mortality Among Community-Dwelling Older Japanese. J The Journal of Gerontology: Biological Sciences and Medical Sciences, 2016 Mar 1. pii: glw029. [Epub ahead of print] PMID: 26933162
  12. Minami U, Nishi M, Fukaya T, Hasebe M, Nonaka K, Koike T, Suzuki H, Murayama Y, Uchida H, Fujiwara Y. Effects of the Change in Working Status on the Health of Older People in Japan. PLoS One. 2015 Dec 3;10(12)
  13. Sakurai R, Kawai H, Yoshida H, Fukaya T, Suzuki H, Kim H, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y: Can you ride a bicycle? The ability to ride a bicycle prevents reduced social function in older adults with mobility limitation. Journal of Epidemiology. (in press)
  14. Sakurai R, Yasunaga M, Murayama Y, Ohba H, Nonaka K, Suzuki H, Sakuma N, Nishi M, Uchida H, Shinkai S, Rebok G, Fujiwara Y: Long-term effects of an intergenerational program on functional capacity in older adults: Results from a seven-year follow-up of the REPRINTS study. Archives of Gerontology and Geriatrics, 64, 13-20, 2016.
  15. Murayama H, Liang J, Bennett JM, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Socioeconomic status and the trajectory of body mass index among older Japanese: a nationwide cohort study of 1987–2006. Journal of Gerontology: Psychological Sciences and Social Sciences, 2015 Jan 10. pil: gbu183. [Epub ahead of print] PMID: 25577567.
  16. Murayama H, Bennett JM, Shaw BA, Liang J, Krause N, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Does social support buffer the effect of financial strain on the trajectory of smoking in older Japanese? A 19-year longitudinal study. Journal of Gerontology: Psychological Sciences & Social Sciences, 2015, 70(3), 367-376.
  17. Murayama H, Nofuji Y, Matsuo E, Nishi M, Taniguchi Y, Fujiwara Y, Shinkai S : Are neighborhood bonding and bridging social capital protective against depressive mood in old age? A multilevel analysis in Japan. Social Science & Medicine, 2015, 124, 171-179.
  18. Murayama H, Liang J, Bennett JM, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Trajectories of body mass index and their associations with mortality among older Japanese: Do they differ from Western populations? American Journal of Epidemiology, 2015, 182(7), 597-605.
  19. Murayama H, Nishi M, Nofuji Y, Matsuo E, Taniguchi Y, Amano H, Yokoyama Y, Fujiwara Y, Shinkai S. Longitudinal association between neighborhood cohesion and depressive mood in old age: A Japanese prospective study. Health & Place, 2015, 34, 270-278.
  20. Nofuji Y, Shinkai S, Taniguchi Y, Amano H, Nishi M, Murayama H, Fujiwara Y, Suzuki T : Associations of Walking Speed, Grip Strength, and Standing Balance with Total and Cause-Specific Mortality in a General Population of older Japanese. Journal of American Directors Association, 2016, 17(2), 184.e1-7.
  21. Maeba R, Araki A, Ishii K, Ogawa K, Tamura Y, Yasunaga M, Minami U, Komori A, Okazaki T, Nishimukai M, Hara H, Fujiwara Y.: Serum ethanolamine plasmalogens improve detection of cognitive impairment among elderly with high excretion levels of urinary myo-inositol: A cross-sectional study. Clin Chim Acta. 2015 Dec 8;453:134-140.
  22. Ishibashi K, Onishi A, Fujiwara Y, Ishiwata K, Ishii K: Relationship between Alzheimer’s disease-like pattern of 18F-FDG and fasting plasma glucose levels in cognitively normal volunteers. The Journal of Nuclear Medicine 2015;56(2):229-33.
  23. Kodama S, Fujii N, Furuhata T, Sakurai N, Fujiwara Y, Hoshi T : Dietary quality and its structural relationships among equivalent income, emotional well-being, and a five-year subjective health in Japanese middle-aged urban dwellers. Arch Public Health. 2015 Jul 16; 73(1):30. doi: 10.1186/s13690-015-0081-0. eCollection 2015.

国内誌

  1. 谷口優, 藤原佳典, 篠崎智大, 天野秀紀, 西真理子, 村山洋史, 野藤悠, 清野諭, 成田美紀, 松尾恵理, 横山友里, 新開省二 : Mini-Mental State Examinationにより評価した認知機能低下と将来の要介護発生との関連. 日本老年医学会雑誌, 2015, 52(1), 86-93.
  2. 谷口優, 清野諭, 藤原佳典, 野藤悠, 西真理子, 村山洋史, 天野秀紀, 松尾恵理, 新開省二 : 地域在住高齢者における身体機能・骨格筋量・サルコペニアと認知機能との横断的・縦断的な関連性. 日本老年医学会雑誌 2015, 52(3), 269-277.
  3. 鈴木宏幸, 大場宏美, 安永正史, 藤原佳典 : 高齢者ボランティアとの交流授業が高学年児童のコミュニケーションスキルに及ぼす影響. 日本世代間交流学会誌, 5(1), 21-28, 2015.
  4. 安永正史,倉岡正高,村山陽,鈴木宏幸,大場宏美,藤原佳典:地域在住の高齢者による小学校新入生支援活動. 日本世代間交流学会誌,5,81-86,2015.
  5. 西真理子, 吉田裕人, 藤原佳典, 深谷太郎, 天野秀紀, 熊谷修, 渡辺修一郎, 村山洋史, 谷口優, 野藤悠, 干川なつみ, 土屋由美子, 新開省二 : 高齢者向けの集団健診が余命および健康余命に及ぼす影響-草津町介護予防事業10年間の効果評価の試み-. 厚生の指標.(印刷中)
  6. 飯塚あい, 鈴木宏幸, 高橋知也, 倉岡正高, 南潮, 村山陽, 安永正史, 藤原佳典 : 囲碁を活用した世代間交流プログラムの可能性. 日本世代間交流学会誌, 5(1), 93-103, 2015.
  7. 小池高史, 長谷部雅美, 野中久美子, 鈴木宏幸, 深谷太郎, 小林江里香, 小川将, 村山幸子, 藤原佳典 : 高齢者の緊急連絡先登録システム利用者の特徴-「高齢者見守りキーホルダー」を事例として.日本公衆衛生雑誌, 62(7), 357-365, 2015.
  8. 南 潮,鈴木宏幸,倉岡正高,小林江里香,深谷太郎,内田勇人,藤原佳典: 都市部における新たな高齢者向け就労支援施設の取り組み.日本公衆衛生雑誌,62(6), 281-293, 2015.
  9. 桜井良太, 河合恒, 深谷太郎, 吉田英世, 金憲経, 平野浩彦, 鈴木宏幸, 大渕修一,藤原佳典:地域在住高齢者における自転車関連事故発生率とその傷害率-潜在的傷害事故の把握に向けた検討. 日本公衆衛生雑誌, 62 (5) ,251-258, 2015.
  10. 桜井良太, 清水由美子, 川崎千恵, 長谷部雅美, 村山幸子, 倉岡正高, 藤原佳典 : ソーシャルキャピタルに着目したヘルスサポーターの養成プログラム作成の試み:参加者特性と養成講座参加に伴う意識変化の検討. 応用老年学, 9(1) , 129-137, 2015.
  11. 高橋知也, 村山幸子, 野中久美子, 安永正史, 藤原佳典 :多世代が参加する子育てサロンの実態に関する一研究 東京都板橋区福祉の森サロンを事例として. 日本世代間交流学会誌, 5, 57-64, 2015.
  12. 村山陽, 高橋知也, 村山幸子, 二宮知康, 竹内瑠美, 鈴木宏幸, 野中久美子, 深谷太郎, 谷口優, 西真理子, 新開省二, 藤原佳典 : 高齢者における「世代間のふれ合いにともなう感情尺度」作成の試み-高齢者の心身の健康との関連-. 厚生の指標, 61(13), 1-8, 2015.
  13. 河合恒, 清野諭, 西真理子, 谷口優, 大渕修一, 新開省二, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 金憲経, 石崎達郎, 高橋龍太郎, TMIG-LISA研究グループ : 大規模コホートデータによる地域高齢者の体力評価シートの作成. 体力科学 2015, 64, 261-271.
  14. 長谷部雅美, 小池高史, 深谷太郎, 野中久美子, 小林江里香, 西真理子, 村山陽, 鈴木宏幸, 藤原佳典 : 一人暮らし高齢者における他者への信頼と互酬性に関する個人の認識と健康との関連-世間一般と居住地域に対する認識のかい離に着目して. 厚生の指標, 62(4), 9-16, 2015.
  15. 川畑輝子, 武見ゆかり, 村山洋史, 西真理子, 清水由美子, 成田美紀, 金美芝, 新開省二 : 地域在住高齢者に対する虚弱予防教室による虚弱および食習慣の改善効果. 日本公衆衛生雑誌 2015, 62(4), 169-181

2014年

国際誌

  1. Taniguchi Y, Shinkai S, Nishi M, Murayama H, Nofuji Y, Yoshida H, Fujiwara Y: Nutritional Biomarkers and Subsequent Cognitive Decline Among Community-Dwelling Older Japanese: A Prospective Study. Journals of Gerontology: A Biological Science & Medical Science.2014 Oct;69(10):1276-83
  2. Seino S, Shinkai S, Fujiwara Y, Obuchi S, Yoshida H, Hirano H, Kim HK, Ishizaki T, Takahashi R ; TMIG-LISA Research Group : Reference Values and Age and Sex Differences in Physical Performance Measures for Community-Dwelling Older Japanese: A Pooled Analysis of Six Cohort Studies. PLoS ONE, 2014, 9(6), e99487. doi: 10.1371/journal.pone.0099487
  3. Sakurai R, Fujiwara Y, Yasunaga M, Takeuchi R, Murayama Y, Ohba H, Sakuma N, Suzuki H, Oda K, Sakata M, Toyohara J, Ishiwata K, Shinkai S Ishii K.: Regional Cerebral Glucose Metabolism and Gait Speed in Healthy Community-Dwelling Older Women..J Gerontol A Biol Sci Med Sci., First published online July 14, 2014
  4. Murayama Y, Ohba H, Yasunaga M, Nonaka K, Takeuchi R, Nishi M, Sakuma N, Uchida H, Shinkai S Fujiwara Y.: The effect of intergenerational programs on the mental health of elderly adults. Aging & Mental Health, 2014,18, 1-9
  5. Ohara Y, Hirano H, Watanabe Y, Obuchi S, Yoshida H, Fujiwara Y, Ihara K, Kawai H & Mataki S: Factors associated with self-rated oral health among community-dwelling older Japanese: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int, doi: 16.1111/ggi.12345,2014
  6. Sakurai R, Fujiwara Y, Sakuma N, Suzuki H, Ishihara M, Higuchi T Imanaka K: Influential factors affecting age-related self-overestimation of step-over ability: Focusing on frequency of going outdoors and executive function.Arch Gerontol Geriatr.2014,59(3), 577-583
  7. Murayama H, Nofuji Y, Matsuo E, Nishi M, Taniguchi Y, Fujiwara Y Shinkai S: The Yabu cohort study: design and profile of participants at baseline. J Epidemiol,2014,24・6, 519-525
  8. Suzuki H, Kuraoka M, Yasunaga M, Nonaka K, Sakurai R, Takeuchi R, Murayama Y, Fujiwara Y : Cognitive intervention through a training program for picture-book reading in community-dwelling older adults: a randomized controlled trial. BMC Geriatrics, 2014.Nov, 14(122), doi:10.1186/1471-2318-14-122
  9. Fujiwara Y, Shinkai S, Kobayashi E, Minami U, Suzuki H, Yoshida H, Ishizaki T, Kumagai S, Watanabe S, Furuna T Suzuki T: Engagement in paid work as a protective predictor of BADL disability in Japanese urban and rural community-dwelling elderly residents: An 8-year prospective study. Geriatr Gerontol Int, (in press)

国内誌

  1. 小林江里香, 深谷太郎, 杉原陽子, 秋山弘子, Jersey Liang : 高齢者の主観的ウェルビーイングにとって重要な社会的ネットワークとは-性別と年齢による差異. 社会心理学研究, 2014, 29(3).  133-145
  2. 安永正史, 村山陽, 大場宏美, 野中久美子, 藤原佳典 : 短期集中的な世代間交流プログラムが児童に与える影響 -SD法による高齢者イメージの検討-. 応用老年学,2014,8(1),14 -22
  3. 高橋知也, 村山陽, 村山幸子, 野中久美子, 鈴木宏幸, 安永正史, 藤原佳典 : 高齢期における世代性意識の性差に関する研究. 日本世代間交流学会誌, 2014, 4(1) ,61-67
  4. 野藤悠, 新開省二, 吉田裕人, 西真理子, 天野秀紀, 村山洋史, 谷口優, 成田美紀, 松尾恵理, 深谷太郎, 藤原佳典, 干川なつみ, 土屋由美子.介護予防評価における介護保険統計の有用性と限界~草津町介護予防10年間の評価分析を通して~.厚生の指標. 2014, 61(12), 28-35
  5. 村山陽, 高橋知也, 村山幸子, 二宮知康, 竹内瑠美, 野中久美子, 藤原佳典 : 高齢者が若者に抱く世代差意識とその対処方略についての探索的研究, 日本世代間交流学会誌,2014, 4(1) ,95-101
  6. 小林江里香: 日本の高齢者はどのように変化しているか:全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より.中央調査報, 2014, 679, 1-5
  7. 清野諭, 谷口優, 吉田裕人, 藤原佳典, 天野秀紀, 深谷太郎, 西真理子, 村山洋史, 野藤悠, 松尾恵理, 干川なつみ, 土屋由美子, 新開省二. 群馬県草津町における介護予防10年間の取り組みと地域高齢者の身体,栄養,心理・社会機能の変化. 日本公衆衛生雑誌, 2014, 61(6), 286-298
  8. 安永正史,村山陽,大場宏美,野中久美子,藤原佳典 (2014). 短期集中的な世代間交流プログラムが児童に与える影響-SD法による高齢者イメージの検討-. 応用老年学, 2014, 8(1), 14-22
  9. 小池高史, 安藤孝敏: 団地に暮らす独居高齢者の周縁的社会関係.応用老年学, 2014, 8, 23-30
  10. 小池高史, 鈴木宏幸, 深谷太郎, 西真理子, 小林江里香, 野中久美子, 長谷部雅美, 藤原佳典: 居住形態別の比較からみた団地居住高齢者の社会的孤立.老年社会科学, 2014, 36(3), 303-312
  11. 山田篤裕, 小林江里香, Jersey Liang: 所得の世代間連鎖とその男女差:全国高齢者パネル調査(JAHEAD)子ども調査に基づく新たな証拠.貧困研究, 2014, 13, 39-51
  12. 村山陽, 高橋知也, 村山幸子, 二宮知康, 竹内瑠美, 鈴木宏幸, 野中久美子, 深谷太郎, 谷口優, 西真理子, 新開省二, 藤原佳典: 高齢者における「世代間のふれ合いにともなう感情尺度」作成の試み:高齢者の心身の健康との関連 .厚生の指標, 2014, 61(13), 1-8
  13. 櫻井尚子, 藤原佳典, 星旦二: 有料老人ホーム入居者の要介護維持と累積生存率. 社会医学研究, 31(1), 21-27, 2014
    児玉小百合, 藤井暢弥, 古畑公, 櫻井尚子, 藤原佳典, 星旦二: 中年都市住民の5 年後生存を予測する主要食品群からみた食事の多様性. 社会医学研究, 2014, 31(1), 23-31
  14. 藤原佳典 : 高齢者の社会的孤立と世代間交流事業-その効果と課題、都市問題, 2014, 76-86
  15. 藤原佳典 : 高齢者の経済格差―その実像と精神健康への影響.老年精神医学雑誌, 2014, 25・6, 617-623
  16. 鈴木宏幸 : MCIスクリーニングにおけるMontreal Cognitive Assessmentの有用性と限界. 早期認知症学会誌, 2014, 7(2), 4-13
  17. 鈴木宏幸: 転倒が高齢者の健康に与える影響と地域における転倒予防. 労働の科学, 2014, 69(12), 28-31
  18. 長谷川香澄, 藤原佳典: 地域住民と協働で作り進めている健康体操-川崎市多摩区における7年間の取り組み.保健師ジャーナル, 2014, 70(3), 240-244
  19. 石橋賢士, 大西愛鈴, 石渡喜一, 藤原佳典, 石井賢二: 糖尿病とアルツハイマー型認知症の病態生理―血糖値上昇が脳機能に与える影響―.第1回 公益社団法人板橋区医師会若手医師奨励賞論文, (印刷中)
  20. 長谷部雅美, 小池高史, 深谷太郎, 野中久美子, 小林江里香,西真理子,村山陽,鈴木宏幸,藤原佳典: 一人暮らし高齢者における他者への信頼・互酬性に関する認識と健康との関連-世間一般と居住地域に対する認識のかい離に着目して-. 厚生の指標,(印刷中).
  21. 小池高史: 自治会報紙面にみる高齢化した団地での生活―東京都神代団地を事例として―. 現代民俗学研究, 7, (印刷中)
  22. 高橋知也, 小池高史, 安藤孝敏: 独居高齢者は誰に援助を求めるか ―高齢者における被援助志向性と援助要請を行う対象との関連の検討から―.技術マネジメント研究. 14. (印刷中)
  23. 天野雄一,端詰勝敬,吉田英世,藤原佳典,大渕修一,坪井康次:受療行動からみた地域高齢者における大うつ病性障害の1年予後.心身医学,(印刷中)
  24. 小池高史: 認知症患者への話しかけ場面の会話分析―発話のタイミングに着目して―. コミュニケーション障害学, 32(1), (印刷中)
  25. 小田真智子, 藤原佳典: 生活保護における健康管理支援の取り組みについて.保健師ジャーナル, (印刷中)
  26. 藤原佳典: 介護予防とソーシャルキャピタル.介護福祉・健康づくり, (印刷中)

2013年

国際誌

  1. Sakurai R, Fujiwara Y, Ishihara M, Higuchi T, Uchida H, Imanaka K : Age-related self-overestimation of step-over ability in healthy older adults and its relationship to fall risk.. BMC Geriatrics, 2013, 13, 44.
  2. Shinkai S, Toba M, Saito T, Sato I, Tsubouchi M, Taira K, Kakumoto K, Inamatsu T, Yoshida H, Fujiwara Y, Fukaya T, Matsumoto T, Tateda K, Yamaguchi K, Kohda N, Kohno S : Immunoprotective effects of oral intake of heat-killed Lactobacillus pentosus strain b240 in elderly adults A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. British Journal of Nutrition, 2013, 109, 1856-1865.
  3. Sakurai R, Yasunaga M, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki H, Shinkai S, Watanabe S, Fujiwara Y: The effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on overweight adults: A randomized controlled trial. Geriatric & Gerontology International, 2013, 13(3), 638-645.
  4. Sakurai R, Yasunaga M, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki H, Shinkai S, Watanabe S, Fujiwara Y : Effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on physical function in community-dwelling healthy older adults: a pilot randomized controlled trial. Aging Clinical and Experimental Research, 2013, 25(4), 453-461.
  5. Hoshi T, Yuasa M, Yang S, Kurimori S, Sakurai N, Fujiwara Y : Causal relationships between survival rates, dietary and lifestyle habits, socioeconomic status and physical, mental and social health in elderly urban dwellers in Japan: A chronological study. Health. 2013,.5(8),1303-1312.
  6. Murayama H, Nishi M, Matsuo E, Nofuji Y, Shimizu Y, Taniguchi Y, Fujiwara Y, Shinkai S : Do bonding and bridging social capital affect self-rated health, depressive mood and cognitive decline in older Japanese? a prospective cohort study. Social Science & Medicine, 2013, 98, 247-252.
  7. Tanaka C, Fujiwara Y, Sakurai R, Fukaya T, Yasunaga M, Tanaka S. : Locomotive and non-locomotive activities evaluated with a triaxial accelerometer in adults and elderly individuals.. Aging Clinical and Experimental Research, 2013, 25(6):637-43.
  8. Fujiwara T, Suzuki H, Kawai H, Hirano H, Yoshida H, Kojima M, Ihara K and Obuchi S : Physical and Sociopsychological Characteristics of Older Community Residents With Mild Cognitive Impairment as Assessed by the Japanese Version of the Montreal Cognitive Assessment.. Journal of Geriatric Psychiatry and Neurology, 2013, 26(4), 209-220.
  9. Murayama H, Bennett, J. M., Shaw, B. A., Liang J, Krause, N, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Does social support buffer the effect of financial strain on the trajectory of smoking in older Japanese? A 19-year longitudinal study. Journal of Gerontology: Psychological Sciences.2013 Oct 4. [Epub ahead of print]
  10. Ohara Y; Hirano H; Yoshida H ; Obuchi S; Ihara K; Fujiwara Y, Mataki S : Prevalence and factors associated with xerostomia and hyposalivation among community-dwelling older people in Japan. Gerodontology.2013 Dec 4. doi: 10.1111/ger.12101. [Epub ahead of print]

国内誌

  1. 小池高史, 深谷太郎, 野中久美子, 小林江里香, 西真理子, 村山陽, 渡邊麗子, 新開省二, 藤原佳典 : 独居高齢者見守りサービスの利用状況と利用意向. 日本公衆衛生雑誌, 2013, 60(5), 285-293.
  2. 新開省二, 渡辺直紀, 吉田裕人, 藤原佳典, 西真理子, 深谷太郎, 李相侖, 金美芝, 小川貴志子, 村山洋史, 清水由美子 : 『介護予防チェックリスト』の虚弱指標としての妥当性の検証. 日本公衆衛生雑誌, 2013, 60(5), 262-274.
  3. 長沼亨, 鈴木宏幸, 安永正史, 竹内瑠美, 扇澤史子, 吉田光, 藤原佳典 : 認知症高齢者における通所介護(デイサービス)利用の有無が認知機能へ及ぼす影響-物忘れ外来通院患者を対象とした縦断的検討-. 老年精神医学雑誌, 2013, 24(5), 493-501.
  4. 小池高史 : 認知症介護場面での質問によるカテゴリー化. 創造的教育=福祉=人間研究, 2013, 2, 1-10.
  5. 大場宏美 : 世代間交流型介入研究-REPRINTSプロジェクトの10年のあゆみ. 応用老年学, 2013, 7(1), 15-23.
  6. 桜井良太, 藤原佳典, 安永正史, 野中久美子, 鈴木宏幸, 大場宏美, 深谷太郎, 渡辺修一郎, 新開省二 : 地域在住高齢者における運動機能に対する自信の有無による運動機能の差異:転倒恐怖感との比較. 日本老年医学雑誌, 2013, 50(3), 369-376.
  7. 新開省二, 吉田裕人, 藤原佳典, 天野秀紀, 深谷太郎, 李相侖, 渡辺直紀, 渡辺修一郎, 熊谷修, 西真理子, 村山洋史, 谷口優, 小宇佐陽子, 大場宏美, 清水由美子, 野藤悠, 岡部たづる, 干川なつみ, 土屋由美子 : 群馬県草津町における介護予防10年間の歩みと成果. 日本公衆衛生雑誌, 2013, 60(9), 596-605.
  8. 野中久美子, 西真理子, 小林江里香, 深谷太郎, 村山陽, 新開省二, 藤原佳典 : 「都市部版 地域包括支援センターへの情報提供のチェックシート」作成の試み. 日本公衆衛生雑誌, 2013, 60(10), 651-658.
  9. 村山陽, 小池高史, 倉岡正高, 藤原佳典 : 認知症啓発授業が小中学生の認知症高齢者イメージに及ぼす影響-テキストマイニング手法による分析-. 日本認知症ケア学会誌, 2013, 12(3), 593-601.
  10. 大塚理加, 菊地和則, 野中久美子, 新開省二, 三浦久幸 : 地域包括支援センターにおける地域高齢者の栄養状態の改善への取り組みの実態と今後の課題. 老年社会科学, 2013, 35(4), 447-453.
  11. 天野秀紀, 吉田裕人, 西真理子, 藤原佳典, 渡辺直紀, 李相侖, 深谷太郎, 村山洋史, 新開省二, 土屋由美子 : 高齢期記憶機能低下の予後と危険因子. 厚生の指標, 2013, 60(13), 7-14

2012年

国際誌

  1. Murayama H, Wakui T, Arami R, Sugawara I, Yoshie S: Contextual effect of different components of social capital on health in a suburban city of the greater Tokyo area: a multilevel analysis. Social Science & Medicine, 2012, 75(12), 2472-2480
  2. Murayama H, Nishi M, Shimizu Y, Kim MJ, Yoshida H, Amano H, Fujiwara Y, Shinkai S: The Hatoyama cohort study: design and profile of participants at baseline. Journal of Epidemiology, 2012, 22(6), 551-558
  3. Murayama H, Taguchi A, Ryu S, Nagata S, Murashima S: Institutional trust in the national social security and municipal healthcare systems for the elderly and anxiety with respect to receiving elderly care in Japan: a cross-sectional study. Health Promotion International, 2012, 27(3), 394-404.
  4. Murayama H, Yamaguchi T, Nagata S, Murashima S: The effects of an intervention program for promoting interorganizational network building between multidisciplinary agencies and community-based organizations: a cluster trial in Japan. BMC Public Health, 2012, 12, 178
  5. Murayama H, Nishinaga M, Sugawara I, Goto J, Hirose Y, Senuma T, Shinkai S, Akiyama H, Tsuji T, Kamata M: Interactions of household composition and required care level with functional and cognitive status among disabled Japanese elderly living in a suburban apartment complex. Geriatrics & Gerontology International, 2012, 12(3), 538-546
  6. Murayama H, Taguchi A, Murashima S : Does similarity in educational level between health promotion volunteers and local residents affect activity involvement of the volunteers? Public Health Nursing, 2012,29(1),36-43
  7. Murayama H,Fujiwara Y, Kawachi I : Social capital and health: a review of prospective multi-level studies. Journal of Epidemiology, 2012,22(3),179-187
  8. Murayama H, Yoshie S, Sugawara I, Wakui T, Arami R : Contextual effect of neighborhood environment on homebound elderly in a Japanese community. Archives of Gerontology and Geriatrics, 2012,54(1),67-71
  9. Taniguchi Y, Yoshida H, Fujiwara Y, Motohashi Y, Shinkai S : A prospective study of gait performance and subsequent cognitive decline in a general population of older Japanese, Journal of Gerontology: MEDICAL SCIENCES, 2012, 67(7), 796-803

国内誌

  1. 村山洋史, 上松志乃, 鈴木裕里子: 地域包括支援センター職員への地区診断研修プロ グラムの効果. 日本公衆衛生雑誌 (in press)
  2. 小池高史: 認知症患者への話しかけ方. 保健医療社会学論集, 2012, 23(1), 96-105
  3. 小池高史, 野中久美子, 渡邊麗子, 深谷太郎, 藤原佳典: 高齢者見守りセンサーに関する研究の現状と課題. 老年社会科学, 2012, 34(3), 412-419
  4. 関根綾希子, 村山洋史, 田口敦子, 有本梓, 村嶋幸代: 婚姻状況別にみた農山村地域の中年期男性の食生活の特徴と支援の必要性. 日本地域看護学会誌, 2012, 15(1), 99-108
  5. 斉藤雅茂, 藤原佳典, 小林江里香, 深谷太郎, 西真理子, 新開省二 : 同居者のいる住民基本台帳上の一人世帯高齢者の特性. 老年社会科学, 2012,33(4),527-537

2011年

国際誌

  1. Murayama H, Taguchi A, Ryu S, Nagata S, Murashima S : Is sekentei associated with the attitude toward care? multilevel analysis in Japan. Geriatrics & Gerontology International, 2011, 11(2), 166-173
  2. Murayama H, Taguchi A, Murashima S : Exploring strategies to encourage community health outreach by health promotion volunteers in Japan. Journal of Ambulatory Care Management, 2011, 34(3), 274-285
  3. Murayama H, Shibui Y, Fukuda Y, Murashima S : A new crisis in Japan—social isolation in old age. Journal of the American Geriatrics Society, 2011,59(11),2160-2162
  4. Fujimaki T, Kato K, Oguri M, Yoshida T, Horibe H, Yokoi K, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Shin D-J, Lee JH, Jang Y, Yamada Y : Association of a polymorphism of BTN2A1 with dyslipidemia in East Asian population. Exp Ther Med, 2011, 2, 745-749
  5. Horibe H, Kato K, Oguri M, Yoshida T, Fujimaki T, Kawamiya T, Yokoi K, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Murohara T, Yamada Y :  Association of a polymorphism of BTN2A1 with hypertension in Japanese individuals. Am J Hypertension, 2011, 24, 924-929
  6. Taguchi A, Murayama H, Ryu S, Nagata S, Murashima S : Characterizing active acquirers and communicators of health information for health promotion intervention in the community. Journal of Health and Human Ecology, 2011, 77(4), 150-161
  7. Yamada Y, Nishida T, Ichihara S, Sawabe M, Fuku N, Nishigaki Y, Aoyagi Y, Tanaka M, Fujiwara Y, Yoshida H, Shinkai S, Satoh K, Kato K, Fujimaki T, Yokoi K, Oguri M, Yoshida T, Watanabe S, Nozawa Y, Hasegawa A, Kojima T, Han B-G, Ahn Y, Lee M, Shin D-J, Lee JH, Jang Y : Association of a polymorphism of BTN2A1 with myocardial infarction in East Asian populations. Atherosclerosis, 2011, 215, 145-152
  8. Yoshida T, Kato K, Oguri M, Horibe H, Kawamiya T, Yokoi K, Fujimaki T, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Yamada Y : Association of a polymorphism of BTN2A1 with or without hypertension or diabetes mellitus. Exp Ther Med, 2011, 2, 325-331
  9. Yoshida T, Kato K, Oguri M, Horibe H, Kawamiya T, Yokoi K, Fujimaki T, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Yamada Y : Association of polymorphisms of BTN2A1 and ILF3 with myocardial infarction in Japanese individuals with or without hypertension, diabetes mellitus or chronic kidney disease. Int J Mol Med, 2011, 27, 745-752
  10. Yoshida T, Kato K, Oguri M, Horibe H, Kawamiya T, Yokoi K, Fujimaki T, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Yamada Y : Association of polymorphisms of BTN2A1 and ILF3 with myocardial infarction in Japanese individuals with different lipid profiles. Mol Med Rep, 2011, 4, 511-518
  11. Oguri M, Kato K, Yoshida T, Fujimaki T, Horibe H, Yokoi K, Watanabe S, Satoh K, Aoyagi Y, Tanaka M, Yoshida H, Shinkai S, Nozawa Y, Shin D-J, Lee J, Jang Y, Yamada Y : Association of a genetic variant of BTN2A1 with metabolic syndrome in East Asean populations. J Med Genet, 2011,48(11),787-792
  12. Yoshida T, Kato K, Horibe H, Oguri M, Fukuda M, Satoh K, Aoyagi Y, Shinkai S, Nozawa Y, Yamada Y : Association of a genetic variant of BTN2A1 with chronic kidnesy disease in Japanese individuals. Nephrology ,2011,16(7),642-648

国内誌

  1. 桜井良太, 藤原佳典, 金憲経, 齋藤京子, 安永正史, 野中久美子, 小林和成, 小川貴志子, 吉田裕人, 田中千晶, 内田勇人, 鈴木克彦, 渡辺修一郎, 新開省二 : 温泉施設を用いた複合的介入プログラムの有効性に関する研究―無作為化比較試験による検討―. 日本老年医学会雑誌, 2011, 48(4), 352-360
  2. 小川貴志子,藤原佳典,吉田裕人、西真理子、深谷太郎、金美芝、天野秀紀、李相侖、渡辺直紀、新開省二 : 「基本チェックリスト」を用いた虚弱判定と虚弱高齢者の血液生化学・炎症マーカーの特徴. 日本老年医学会雑誌, 2011, 48(5), 545-552
  3. 鈴木宏幸, 安永正史, 長沼亨, 藤原佳典 : 認知機能の継時的変化を評価する際の日本語版Montreal Cognitive Assessment(MoCA-J)の有用性―MCIと軽度アルツハイマー病患者を対象とした縦断的検討. 老年精神医学雑誌, 2011, 22(2), 211-218
  4. 村山洋史, 菅原育子, 吉江悟, 涌井智子, 荒見玲子 : 一般住民における地域社会への態度尺度の再検討と健康指標との関連. 日本公衆衛生雑誌, 2011, 58(5), 350-360
  5. 小林江里香,藤原佳典,深谷太郎,西真理子,斉藤雅茂,新開省二 : 孤立高齢者におけるソーシャルサポートの利用可能性と心理的健康:同居者の有無と性別による差異. 日本公衆衛生雑誌, 2011, 58(6), 446-456
  6. 藤原佳典 : 高齢者の社会孤立とその予防戦略. 公衆衛生, 2011, 75(4), 281-284
  7. 村山陽, 藤原佳典, 安永正史, 竹内瑠美, 野中久美子, 矢島さとる, 西真理子, 李相侖, 大場宏美 : 日本版世代間交流行動尺度の作成. 日本世代間交流学会誌, 2011, 1(1), 27-38
  8. 安永正史, 藤原佳典, 村山陽, 竹内瑠美, 大場宏美, 野中久美子, 鈴木宏幸, 西真理子, 草野篤子 : 高齢者ボランティアとの交流授業が児童のソーシャル・サポートに及ぼす影響. 日本世代間交流学会誌, 2011, 1(1), 39-46
  9. 野中久美子, 藤原佳典, 大場宏美, 安永正史, 西真理子, 李相侖, 小宇佐陽子, 矢島さとる, 村山陽, 佐久間尚子 : 高齢者団体による世代間交流活動への支援策-世代間交流プログラム“REPRINTS”より-. 日本世代間交流学会誌, 2011, 1(1), 47-58
  10. 鈴木宏幸, 桜井良太, 藤原佳典 : 高齢者の自己認識能力低下は心身機能低下・転倒発生を予測するか. 健康医科学, 2011, 26, 49-57
  11. 村山洋史 : 地域包括支援センター職員のバーンアウト-インフォーマル組織とのネットワーク構築業務との関連-. 日本地域看護学会誌, 2011, 13(2), 125-132
  12. 小池高史, 西森利樹, 堀恭子, 朝比奈千絵, 長谷川倫子, 張卉林, 許海栄, 鄭媛, 宮前史子, 安藤孝敏 : 民間団体による独居高齢者への支援活動の現状と課題 ―支援団体へのインタビューから―. 技術マネジメント研究, 2011, 10, 27-35
  13. 牧迫飛雄馬,古名丈人,島田裕之,赤沼智美,吉田裕人,井平 光,横山香理,鈴木隆雄:後期高齢者における新規要介護認定の発生と5m歩行時間との関連:39か月間の縦断研究. 理学療法学, 2011, 38(1), 27-33
  14. 藤原佳典, 小林江里香,深谷太郎 : 地域高齢者における年収および暮らし向きと心理的健康指標との関連. 老年精神医学雑誌, 2011, 印刷中
  15. 小林江里香, Jersey Liang : 高齢者の社会的ネットワークにおける加齢変化とコホート差:全国高齢者縦断調査データのマルチレベル分析. 社会学評論, 2011, 62(3),356-374
  16. 村山洋史, 渋井優, 河島貴子, 虎谷彰子, 可野倫子, 立花鈴子, 澁田景子, 福田吉治, 村嶋幸代 : 都市部高齢者の閉じこもりと生活空間要因. 日本公衆衛生雑誌, 2011,58(10),851-866
  17. 村山洋史 : 高齢社会と買い物難民: 高齢者の閉じこもり研究からの示唆. 都市計画, 2011,60(6),12-15
  18. 内田勇人, 藤原佳典, 谷口和彦, 新開省二 : 非拘束なモニタリングシステムによる見守り支援が介護スタッフに及ぼす影響. 老年社会科学, 2011, 33, 60-73
  19. 星旦二, 高城智圭, 坊迫吉倫, 中山直子, Yan Suwen, 栗盛須雅子, 長谷川卓志, 井上直子, 山本千紗子, 高橋俊彦, 櫻井尚子, 藤原佳典 : 都市郊外在宅高齢者の身体的,精神的,社会的健康の6年間経年変化とその因果関係. 日本公衆衛生雑誌, 2011, 58(7), 491-500
  20. 金美芝, 新開省二 : 虚弱の指標とスクリーニング法(日本と海外の比較)-介護予防を含む-. Geriatric Medicine(老年医学), 2011, 49 (3), 297-301
  21. 山田篤裕, 小林江里香, Jersey Liang : なぜ日本の単身高齢女性は貧困に陥りやすいのか. 貧困研究, 2011, 7, 印刷中
  22. 渋井優, 村山洋史, 河島貴子, 虎谷彰子, 可野倫子, 立花鈴子, 澁田景子, 福田吉治, 村嶋幸代 : 都市部高齢者における閉じこもり予備軍の類型化: 介護予防対策の具体化に向けて. 日本公衆衛生雑誌, 2011,58(11),935-947

著書等

  1. 新開省二, 藤原佳典, 天野秀紀, 吉田裕人 : 動脈硬化性疾患の発症要因に関する疫学的長期追跡研究(与板、草津コホート研究)-(9) 高齢者の歩行機能(歩行速度、歩幅)と認知機能低下に関する前向き研究. 公益信託日本動脈硬化予防研究基金 平成22度研究報告集, 公益信託日本動脈硬化予防研究基金, 東京, 平成23年10月5日発行
  2. 村山洋史:「ソーシャルキャピタル」, 「疫学」, 「医療圏」, 「環境汚染」, 「人口構成」, 「ネットワーク」, 「連携」. 看護学事典第2版(見藤隆子,小玉香津子,菱沼典子,編),  日本看護協会出版会, 東京, 平成23年8月発行
  3. 新開省二, 成田美紀 : Ⅲ. 介護予防編 4. 低栄養. 健康・エクササイズ科学(田中喜代次, 田畑泉, 編), 文光堂, 東京, 平成23年11月発行
  4. 新開省二 : 第5章 老化と免疫. 管理栄養士講座 感染と生体防御 改訂版(酒井徹, 森口覚, 山本茂 編), 建帛社, 東京, 平成23年12月発行
  5. 藤原佳典 : 8章 高齢者の安否確認・孤立死予防に向けた予防策の現状と課題.「孤立を防ぐ」(稲葉陽二・藤原佳典, 編), ミネルヴァ書房
  6. 小林江里香 : 孤立高齢者が抱える生活・心理上の課題.「孤立を防ぐ」(稲葉陽二・藤原佳典, 編), ミネルヴァ書房
  7. 小林江里香 : 高齢者のソーシャル・ネットワーク.発達科学入門3巻(高橋惠子・秋山弘子・湯川良三・安藤寿康, 編), 東京大学出版会
  8. 藤原佳典 : 社会活動-高齢者における社会的役割と知的能動性の意義. 「高齢者ケア/生活支援技術DVD」(井藤英喜, 総監修), インターメディカ
  9. 藤原佳典 : 趣味・交流-社会的サポート・ネットワークの意義. 「高齢者ケア/生活支援技術DVD」(井藤英喜, 総監修), インターメディカ

2010年

国際誌

  1. Fujiwara Y, Suzuki H, Yasunaga M, Sugiyama M, Ijuin M, Sakuma N, Inagaki H, Iwasa, H, Ura C, Yatomi N, Ishii K, Tokumaru AM, Homma A, Nasreddine Z, Shinkai S : Brief screening tool for mild cognitive impairment in older Japanese: validation of the Japanese version of the Montreal Cognitive Assessment (MoCA-J). Geriatrics and Gerontology International 2010, 10, 225-232
  2. Kim MJ, Yabushita N, Kim MK, Matsuo T, Okuno J, Tanaka K: Alternative items for identifying hierarchical levels of physical disability by using physical performance tests in women aged 75 years and older. Geriatrics and Gerontology International, 2010, 10, 302-310
  3. Murayama H, Taguchi A, Murashima S : The Relationships between Feelings of Satisfaction and Burden with respect to Activity and Social Support among Health Promotion Volunteers in Japan. Health Education and Behavior 2010; 37(2): 275-287.
  4. Ogawa K, Fehrenbach E : Exercise intensity and duration affected blood-soluble HSP72., Heat Shock Proteins and Whole Body Physiology. 2010, 5, 253-266
  5. Ogawa K, : Child Health Rights in Japan, The 3rd Uniform Report to CRC from Japanese NGOs and Citizens “Derived Childhood in Neo Liberalism Society”, 2010, 5, 111-146
  6. Ogawa K, Sanada K, Machida S, Okutsu M, Suzu K : Resistance exercise training-induced muscle hypertrophy was associated with reduction of inflammatory markers in elderly women. Med Inflam, 2010, 12, 1-7
  7. Kotani Y, Shinkai S, Okamatsu H, Toba M, Ogawa K, Yoshida H, Fukaya T, Fujiwara Y, Chaves PH, Kakumoto K, Kohda N. Oral intake of Lactobacillus pentosus strain b240 accelerates salivary immunoglobulin A secretion in the elderly: A randomized, placebo-controlled, double-blind trial. Immunity and Ageing, 2010, 7, 11 (available on line)
  8. Matsuo T, Murotake Y, Kim MJ, Akiba T, Shimojo N, Kim MK, Tanaka K: High general self-efficacy is associated with less weight loss under a supervised dietary modification program. Obesity Research & Clinical Practice, 2010, 4, 135-144
  9. Krause N, Liang J, Bennett J, Kobayashi E , Akiyama H, Fukaya T. : A descriptive analysis of religious involvement among older adults in Japan.  Ageing & Society, 30, 671-696, 2010

国内誌

  1. 新開省二, 渡辺直紀, 吉田裕人, 藤原佳典, 天野秀紀, 李相侖, 西真理子, 土屋由美子 : 要介護状態化リスクのスクリーニングに関する研究-介護予防チェックリストの開発-. 日本公衆衛生雑誌, 2010, 57(5), 345-354
  2. 藤原佳典, 渡辺直紀, 西真理子, 大場宏美, 李相侖, 小宇佐陽子 , 矢島さとる, 吉田裕人, 深谷太郎, 佐久間尚子, 内田勇人, 新開省二 : 高齢者による学校支援ボランティア活動の保護者への波及効果―世代間交流型ヘルスプロモーションプログラム“REPRINTS”から―. 日本公衆衛生雑誌, 2010, 57(6), 458-466
  3. 藤原佳典: 連載10 孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-「どうして釘さす、オンナの社会参加-後期高齢女性の自主グループのむずかしさ」-. 公衆衛生情報, 2010, 40(5), 28-31
  4. 藤原佳典: 連載11 孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-「祭りの地域保健的活用術-祭りが育てる地元系オヤジ」-. 公衆衛生情報, 2010, 40(7), 32-36
  5. 村山洋史, 奈良部晴子, 兒島智子, 戸丸明子, 立花鈴子, 山口拓洋, 村嶋幸代 : 地域専門機関とインフォーマル組織間のネットワーク構築促進プログラムの開発. 日本公衆衛生雑誌, 2010, 57(10), 900-908
  6. 村山洋史, 兒島智子, 戸丸明子,奈良部晴子,立花鈴子, 山口拓洋, 村嶋幸代 : 地域専門機関とインフォーマル組織間のネットワーク構築促進プログラムの評価. 日本公衆衛生雑誌, 2010, 57(10), 909-920
  7. 新開省二 : 高齢者の疫学からみたアンチエイジングのエビデンス. 抗加齢医学会雑誌, 2010, 10(5), 666-672
  8. 吉田裕人: 高齢者の医療・介護における経済的側面からの研究の今後.日本老年医学会雑誌, 2010, 47(6), 505-510
  9. 村山洋史, 戸丸明子, 奈良部晴美, 兒島智子, 村嶋幸代 : 地域包括支援センターにおけるインフォーマル組織とのネットワーク構築状況チェックリスト作成の試み. 日本地域看護学会誌 2010, 13(1), 91-99
  10. 小川貴志子 : 国連最終所見・健康領域 DCI NEWS LETT, 2010, 105, 68-70
  11. 野中久美子,藤原佳典,大場宏美:地域保健福祉におけるソーシャル・キャピタル-高齢者ボランティアを例にして. 保健師ジャーナル, 2011, 67, 107-113
  12. 小川貴志子 : 新しい世界保健戦略への動き. 日本全面発達学雑誌
  13. 村山陽, 「世代間交流」学の樹立に向けて. 哲学, 2011, 125, 75-104 
  14. 斉藤雅茂, 藤原佳典, 小林江里香, 深谷太郎, 西真理子, 新開省二 : 首都圏ベッドタウンにおける世帯構成別にみた孤立高齢者の発現率と特徴. 日本公衆衛生雑誌, 2010, 57(9), 785-795
  15. 稲葉陽二,藤原佳典:少子高齢化時代におけるソーシャル・キャピタルの政策的意義-高齢者医療費の視点からの試論-.行動計量学 2010, 37. 39-52
  16. 田中喜代次, 藪下典子, 金美芝, 中村容一, 藤村透子, 中垣内真樹: 経年的体力調査に対する脱落高齢者および継続高齢者の特徴. 体育学研究, 2010, 55(2), 513-524
  17. 清野諭, 藪下典子, 金美芝, 松尾知明, 鄭松伊, 深作貴子, 奥野純子, 大藏倫博, 田中喜代次: 地域での転倒予防介入で焦点となる転倒関連要因. 体力科学, 2010, 59(4), 415-426
  18. 田中喜代次, 清野諭, 金美芝, 川井紘一: 中高年者に対する健康支援: 運動・スポーツの指導. 臨床スポーツ医学, 2010, 27, 713-717
  19. 牧迫飛雄馬, 古名丈人, 島田裕之, 千葉一夫, 佐藤一徳, 赤沼智美, 吉田裕人, 金憲経, 鈴木隆雄 : 地域在住後期高齢者におけるIADL低下の予測因子としての歩行能力. 理学療法ジャーナル, 2010, 44(7), 611-616
  20. 星旦二, 中山直子, 井上直子, 高嶋伸子, 坊迫吉倫, 高橋俊彦, 栗盛須雅子, 櫻井尚子, 長谷川卓志, 藤原佳典 : 都市郊外在住高齢者の身体的,精神的,社会的健康の経年変化とその因果関係. 日本健康教育学会誌, 2010, 18(2),103-114

著書等

  1. 藤原佳典(監修),世代間交流プロジェクト・りぷりんと・ネットワーク(編著),シニア~君たちへ-読み聞かせに託すこころのリレー, ライフ出版, 東京, 平成22年10月発行
  2. 藤原佳典:II章2介護予防グループ-サークルづくり型.地域保健スタッフのための「住民グループ」のつくり方・育て方(星旦二,栗盛須雅子編), pp.56-68,2010, 医学書院, 東京,平成22年11月発行
  3. 藤原佳典:II章3介護予防グループ-リーダー養成型.地域保健スタッフのための「住民グループ」のつくり方・育て方(星旦二,栗盛須雅子編), pp.69-80, 医学書院, 東京, 平成22年11月発行
  4. 藤原佳典:IV章1シニア読み聞かせボランティア「りぷりんと」:地域貢献型介護予防グループ. 地域保健スタッフのための「住民グループ」のつくり方・育て方(星旦二,栗盛須雅子編), pp.153-155, 医学書院, 東京, 平成22年11月発行
  5. 新開省二 : 高齢期のadverse health outcomeを予測する血清β2-microglobulin、その機序の解明. 上原生命科学財団研究報告集 2010, Vol.24, p22, 上原記念生命科学財団, 東京, 2010年12月発行.
  6. 藤原佳典:第I章4節 プロダクティビティの視点からみた高齢者の次世代支援. 世代間交流学の創造~パラダイムの転換を視座として(草野篤子,金田利子,藤原佳典,間野百子,柿沼幸雄編著), 2010, pp.60-68, あけび書房, 東京, 平成22年12月発行
  7. 藤原佳典:第II章2節 教育現場における高齢者ボランティアを阻む諸要因-「りぷりんと」プロジェクトから. 世代間交流学の創造~パラダイムの転換を視座として(草野篤子,金田利子,藤原佳典,間野百子,柿沼幸雄編著), 2010, pp.110-121, あけび書房, 東京, 平成22年12月発行
  8. 村山陽: 地域住民と保育・教育機関との関係、シニアの学校ボランティア活動に注目して, 世代間交流学の創造, 草野篤子・柿沼幸雄・金田利子・藤原佳典・間野百子 (編) あけび書房, 東京, 平成22年12月発行
  9. 新開省二 : 心身の老化、健康、長寿. 発達科学入門3巻(高橋惠子・秋山弘子・湯川良三・安藤寿康 編), 東京大学出版会, 東京, 平成23年3月発行
  10. 小林江里香 : 高齢者のソーシャル・ネットワーク. 発達科学入門3巻(高橋惠子・秋山弘子・湯川良三・安藤寿康 編), 東京大学出版会, 東京, 平成23年3月発行
  11. 新開省二 : 50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい! 低栄養は老化を促進する. 草思社, 東京, 平成23年3月発行

2009年

国際誌

  1. Fujiwara Y, Sakuma N, Ohba H, Nishi M, Lee S, Watanabe N, Kousa Y, Yoshida H,  Fukaya T, Yajima S, Amano H, Kreta Y, Ishii K, Uchida H, Shinkai S : Intergenerational health promotion program for older adults “REPRINTS”: the experience and its 21 months effects. Journal of Intergenerational Relationship, 2009, 7, 17-39.
  2. Fujiwara Y, Chaves PH, Yoshida H, Amano H, Fukaya T, Watanabe N, Nishi M, Lee S, Uchida H, Shinkai S : Intellectual activity and likelihood of subsequently improving or maintaining instrumental activities of daily living functioning in community-dwelling older Japanese: A longitudinal study. International Journal of Geriatric Psychiatry, 2009, 24, 547-555.
  3. Krause N, Liang J, Bennett J, Kobayashi E , Akiyama H, Fukaya T : A descriptive analysis of religious involvement among older adults in Japan. Ageing & Society, 30: 671-696.

国内誌

  1. 野中久美子, 大塚理加, 菊地和則 : 基本健康診査で把握した高齢者の特定高齢者施策の低利用率の要因に関する研究―グラウンデッド・セオリー・アプローチによる分析-. 社会福祉学, 2009, 50(3), 54-65.
  2. 新開省二 : 老年医学の展望-フィールド研究のデザイン-, 日本老年医学会雑誌, 2010, 47, 101-106.
  3. 谷口優, 小宇佐陽子, 新開省二, 上松志乃, 永沢文子, 青木政勝, 武藤伸洋, 阿部匡伸, 深谷太郎, 渡辺直紀 : 身体活動ならびに知的活動の増加が高齢者の認知機能に及ぼす影響-東京都杉並区における在宅高齢者を対象とした認知症予防教室を通じて-. 日本公衆衛生雑誌, 2009, 56, 784-794.
  4. 新開省二 : 高齢者の閉じこもり予防-社会参加の促進とその環境整備を-. 明日の福祉と医療を創るワムWAM, 26-27, 2009年11月号
  5. 新開省二, 金憲経, 渡辺直紀, 李相侖, 斉藤京子, 鈴木隆雄 : 虚弱高齢者を対象とした運動vs. 運動+栄養介入(大豆ペプチド)の効果に関する無作為化比較試験. 栄養学雑誌, 2009, 67, 76-83.
  6. 小林江里香, 深谷太郎, 菅原育子, 秋山弘子, Jersey Liang : 後期高齢者の子どもを対象とした調査における回答者の偏りと傾向スコアによるデータ補正. 老年社会科学, 2009, 31, 378-389.
  7. 藤原佳典 :孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-地域保健活動史上、永遠の課題-男の社会参加-. 公衆衛生情報, 2009, 39(2), 36-39.
  8. 藤原佳典 :孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-かよわいシニア世代の男性を救う得策-男の社会参加-. 公衆衛生情報, 2009, 39(3), 30-33.
  9. 藤原佳典 :孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-二人のジェントルマンと八人のレディが担う地域活動-男の社会参加-. 公衆衛生情報 2009, 39(4-5), 52-55.
  10. 藤原佳典 : 連載⑦ 孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-孤立死予防に必要な三層のディフェンスライン-その1-. 公衆衛生情報, 2009, 39(7), 38-40.
  11. 藤原佳典 : 連載⑧ 孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-孤立死予防に必要な三層のディフェンスライン-その2-. 公衆衛生情報, 2009, 39(8-9), 26-28.
  12. 藤原佳典 : 連載⑨ 孤立をくじき、地域をたすく、ネットワークのエビデンス-「会社がコミュニティ、社員は家族」という時代が育てた男の絆-. 公衆衛生情報, 2009, 39(11-12), 30-33.
  13. 鈴木宏幸,藤原佳典 : Montreal Cognitive Assessment (MoCA)の日本語版作成とその有効性について. 老年精神医学雑誌, 2010, 21(2), 198-202.
  14. 近藤隆正, 小川貴志子, 寺田修, 金奇人, 奥津光晴, 鈴木克彦 : 寒冷環境が運動負荷に対するサイトカイン応答に及ぼす影響. 日本補完代替医療学会誌, 2009, 6(2), 89-95.
  15. 牧迫飛雄馬, 古名丈人, 島田裕之, 千葉一夫, 佐藤一徳, 赤沼智美, 吉田裕人, 金憲経, 鈴木隆雄 : 地域在住後期高齢者の主観的健康感と高次生活機能に関連する要因. 北海道公衆衛生学雑誌, 2009, 23(2), 73-79.

書籍

  1. 新開省二 : 高齢者の閉じこもり. 日本老年医学会雑誌編集委員会編集, 老年医学update 2009-10, pp. 69-79,メジカルビュー社, 東京, 2009年6月25日発行.
  2. 新開省二 : 年齢別の運動習慣をもつ人の頻度. 井藤英喜, 大島伸一, 鳥羽研二編集, 統計データでみる高齢者医療, p.51, 文光堂, 東京, 2009年6月17日発行
  3. 新開省二 : 年齢別の余暇活動の頻度. 井藤英喜, 大島伸一, 鳥羽研二編集, 統計データでみる高齢者医療, p.52, 文光堂, 東京, 2009年6月17日発行
  4. 新開省二 : 高齢者の食物摂取状況(低栄養の頻度も含む). 井藤英喜, 大島伸一, 鳥羽研二編集, 統計データでみる高齢者医療, p.53, 文光堂, 東京, 2009年6月17日発行
  5. 藤原佳典 : 第6章 地域保健. 系統看護学講座 専門基礎分野 健康支援と社会保障制度[2] 公衆衛生(著者代表 星旦二),pp.136-149,医学書院,2010
  6. 藤原佳典 : 第7章 対象別公衆衛生の実践 B成人保健・老人保健. 系統看護学講座 専門基礎分野 健康支援と社会保障制度[2] 公衆衛生(著者代表 星旦二),pp.163-177,医学書院,2010
  7. 藤原佳典 : 第5章 高齢者のプロダクティビティと世代間交流. 世代間交流効果~人間発達と共生社会づくりの視点から(草野篤子,金田利子,間野百子,柿沼幸雄編著), pp.59-71, 三学出版, 2009
  8. 小川貴志子 : 免疫機能の加齢変化と運動・スポーツ, 「からだの発達と加齢の科学」, 大修館, 東京
  9. Ogawa K, Fehrenbach E : Exercise intensity and duration affect a blood-soluble HSP72, in HSP Vol.5, Springer
  10. Ogawa K : Deprived child in neo-liberal society- The 3rd Uniform Report to CRC, United Nation, Geneva
  11. 小林江里香: 友人・近隣関係. 大内尉義, 秋山弘子編集代表, 折茂肇編集顧問, 新老年学第3版 , pp.1684-1696, 東京大学出版会, 2010.
  12. 吉田裕人: 第4章 日本における社会保障制度および医療制度の改革 系統看護学講座 専門基礎分野 健康支援と社会保障制度[2] 公衆衛生(著者代表 星旦二),pp.94-104,医学書院,2010