ハゲタカ出版問題 参考サイト


  ■ハゲタカオープンアクセス出版社への警戒
  ■投稿先をチェックするチェックリスト
  ■論文著者が注意したい、悪徳オープンアクセス出版社に引っかからないためのチェックポイント
  ■なぜ研究者は「ハゲタカジャーナル」で論文を出版してしまうのか
  ■商業出版社のオープン・アクセス戦略
  ■ハゲタカジャーナルで論文を発表しているのはどんな人か 
※掲載誌を契約していないため本文は見られません
  ■Jeffrey Beall氏のの「ハゲタカ出版」のリストとブログの内容が削除される(2017年1月20日)
  ■米連邦機関、研究者を騙したとして出版社を告訴(2017年2月14日)
  ■ハゲタカ出版の現状 2017 Roger Watson:Predatory publishers: Time for action
  ■ハゲタカ出版は生物医学分野の研究者を狙っている 2017 Ross T. Tsuyukiほか:Predatory publishers: Implications for pharmacy practice and practitioners
  ■Jeffrey Beallが語るハゲタカ出版問題 2017 Jeffrey Beall:What I learned from predatory publishers